つらつら思うこと

特にテーマは決めずに書きます

在九州国文資料影印叢書

f:id:nobinyanmikeko:20170803173016j:plain一昨日、五十嵐書店に注文した在九州国文資料影印叢書・一期12冊二期9冊全21冊(1979年7月、熊本大学文学部内在九州国文資料影印叢書刊行会発行、今井源衛先生華甲記念として限定600部発行、非売品)が届いた。

No.9の伊勢物語は以前に別の通販専門書店から購入して既に翻刻も終えているが、他にも伊勢物語がある(No.10)ようだし大和物語・古今和歌集なども入っているので全冊購入してみようと思った。

21冊で¥2,800、1冊あたり¥130台と信じがたいほど安いのでどんな状態なのか気がかりだったけど、予想よりずっと綺麗でほぼ新品の状態。一冊だけ赤線が若干入っているものの、これで¥2,800は掘り出し物。

ただNo.10の伊勢物語は写本ではあるものの古い本ではなく、近世の書写で慶長14年本の嵯峨本を書写したもののようだから本文研究の資料としては価値が低そうだ。それでも独自の挿絵があったりして見て楽しい。

21冊は以下の通り。
 1ー1.新撰万葉集・千載佳句
 1ー2.古今和歌集
 1ー3.八代集部類第十九
 1ー4.藤原道信朝臣集・藤原義孝集・めのとのふみ
 1ー5.山家集
 1ー6.建礼門院右京大夫
 1ー7.詠歌大概聞書
 1ー8.蜻蛉日記
 1ー9.伊勢物語
 1ー10.竹取物語伊勢物語
 1ー11.源氏物語奥入・種玉篇次抄
 1ー12.保元物語
 2ー1.大和物語(影印)
    大和物語(解題・釈文)
 2ー2.袖鏡(上)
 2ー3.袖鏡(下)
 2ー4.拾玉集
 2ー5.自讃歌・自讃歌抄・自讃歌注
 2ー6.代々勅撰部立・神祇和歌・連歌新式
 2ー7.宝物集
 2ー8.八帖花伝書

このうち、大和物語は134段以後のみの零本だが、数少ない六条家本系統の本文を伝える重要資料らしい。機会があれば翻刻もしてみたいと思ったら既に今井源衛氏が翻刻を行っていた。