つらつら思うこと

特にテーマは決めずに書きます

伊勢物語第40段《すける物思ひ》はどう訳されているか①

(中尾家蔵大型絵入本伊勢物語より)
[三人の人物が描かれていて、右の男の右に「なりひら」、中央の女の右に「これはむすめ也」、左の女の左に「このをんなははゝ」と書かれている]
f:id:nobinyanmikeko:20180322161145j:plain
伊勢物語の現代語訳が訳者によってどう違うかを比較してみるのも面白かろうと思う。

著作権の問題もあるので第40段《すける物思ひ》だけ比較してみよう。


【原文1】(天福本系学習院大蔵伝定家筆本。Ⓐが元の文。Ⓑは歴史的仮名遣に変換して濁点・句読点を付した文)

★昔わかきおとこけしうはあらぬ女
を思ひけりさかしらするおやあ
りて思ひもそつくとてこの女をほ
かへをひやらむとすさこそいへまた
をいやらす人のこなれはまた心
いきおひなかりけれはとゝむるいき
おひなし女もいやしけれはすま
ふちからなしさるあひたに
おもひはいやまさりにまさるには
かにおやこの女をゝひうつおとこ
ちのなみたをなかせともとゝむる
よしなしゐていてゝいぬおとこなく\/
よめる
  いてゝいなは誰か別のかたからん
  ありしにまさるけふはかなしも
とよみてたえいりにけりおやあはて
にけり猶思ひてこそいひしかいと
かくしもあらしとおもふにしんし
ちにたえいりにけれはまとひて
願たてけりけふのいりあひ許
にたえいりて又の日のいぬの時はかりに
なんからうしていきいてたりける
むかしのわか人はさるすける物
思ひをなんしけるいまのおきな
まさにしなむや


★昔、わかきをとこ、けしうはあらぬ女を思ひけり。さかしらするおやありて、思ひもぞつくとて、この女をほかへおひやらむとす。さこそいへ、まだおひやらず。人の子なれば、まだ心いきほひなかりければ、とゞむるいきほひなし。女もいやしければ、すまふちからなし。さるあひだに、思ひはいやまさりにまさる。にはかにおやこの女をおひうつ。をとこ、ちのなみだをながせども、とゞむるよしなし。ゐていでていぬ。をとこ、なく\/よめる。
  いでていなば誰か別のかたからん
  ありしにまさるけふはかなしも
とよみてたえいりにけり。おやあわてにけり。猶思ひてこそいひしか、いとかくしもあらじとおもふに、しんじちにたえいりにければ、まどひて願たてけり。けふのいりあひ許にたえいりて、又の日のいぬの時ばかりになんからうじていきいでたりける。むかしのわか人は、さるすける物思ひをなんしける。いまのおきな、まさにしなむや。

【原文2】(幾つかの訳の底本になっている藤井高尚著「伊勢物語新釋」本文)
★むかし、わかきをとこ、けしうはあらぬ女を思ひけり。さかしらする親ありて、思ひもぞつくとて、この女を外へ逐ひやらむとす。さこそいへ、まだ逐ひやらず。人の子なれば、心の勢ひなくて、え止めず。女もいやしければ、すまふ力なし。さる間に思ひはいやまさりにまさる。俄に、親この女を逐ひうつ。をとこ、血の淚を流せども、止むるよしなし。率て出でていぬ。女、歸る人につけて、

  いづくまで送りはしつと人問はばあかぬわかれの淚川まで

をとこ泣く泣くよめる。

  いとひては誰か別れの難からむありしにまさる今日は悲しも

とよみて絶え入りければ、親あわてにけり。なほざりに思ひてこそいひしか、いとかくしもあらじと思ふに、まことに絶え入りにければ、惑ひて願など立てけり。今日の入相ばかりに絶え入りて、又の日の戌ばかりになむ、辛うじて息出でたりける。むかしの若人は、さるすける物思ひをなむしける。今の翁まさに爲なむやは。




吉井勇[新訳絵入伊勢物語]1917年5月・阿蘭陀書房】
《※この本の底本は明記されていないが藤井高尚「伊勢物語新釋」本文か。1917年刊本は歴史的仮名遣だが2011年2月刊の覆刻版(国書刊行会)に拠ったので現代仮名遣に変換されている》
★往昔(むかし)、ある男が自分の家の婢(はしため)を、憎からず思って恋したことがあった。そうするとその男の親というのは、とかくに賢人顔をしたがる人達で、もしもこうやっているうちに、離れられなくなるような執着ができてはならないというので、女を他所(よそ)へ追いやろうとした。しかし、思い切ってそうもできないので、そのまま時をすごしていたが、男はまだ親がかりの身の上なので、強いて女を留めておくだけの力もなく、また、女も卑しい婢のことだから、これとてもどうすることも出来なかった。そのうちに二人の恋は、だんだん深くなってゆくばかりであった。
親たちはもう打ち捨てて置けなくなったので、急に女を追い出してしまった。男は血を吐くような思いであるが、親がかりの身の悲しさは、女を引きとめる術もない。親たちは女に召し使いの者をつけて、途中まで送っていかせたが女はその人に言伝てて、男のところへこんな歌をよこした。

 いずこまで 送りはしつと 人問はば
 あかぬわかれの 涙川まで

男はこの歌を見て涙を流した。そうして、

 厭ひては 誰かわかれの かたからむ
 ありしにまさる 今日は悲しも

という歌を詠んで、悲嘆のあまり気を失ってしまった。親たちはこんなことになろうとは思わなかったので、慌てて男を抱き起こしてみると、本当に息が絶えていたので、驚いて神仏に祈ったりした。彼はその日の黄昏時から息が絶えて、明くる日の夜の八時ごろに、ようよう蘇生してわれに返ることができたのであった。
昔の若い人は情けが深かったから、恋のためにこんな苦しい思いまでしたのである。今はいくら情けの深い老人でも、こんなことはしないであろう。


【石泉要[詳解伊勢物語]1932年10月、芳文堂】
《※底本は明記されていないが、真名本系か》
★昔、ある若い男か[ママ、「が」の誤植か?]、身分のわろくはない召使の女を思つた。それを見てその仲を裂かうと利口ぶつてたくらむ男の親が、かうして二人同じ家に置いたなら、一層思ひ合ふやうにならうと思つて、この召使の女を外に追ひやらうとした。さて、さうはいつても、まだ追ひ出さずにゐた。男の方でもまだ一本立ではないので、勢力がない故、親のやり方を止めることも出來ない。女も人に使はれてゐる身分のものなので、爭ふ力もない。さうしてゐる間に二人の思は、いよ\/まさりにまさつた。そこで、親が急にこの女を追ひ出した。男は血の淚を流して悲しんだが、それを止める方法がない。いよ\/他の人が、この女を連れ出して往つてしまつた。男が泣く泣く、
 いとひては誰かわかれのかたからむありしにまさる今日は悲しも
と詠んで、氣絶してしまつた。親は思ひ掛けないので周章狼狽してしまつた。親の方では、大したこともあるまい一通りの仲なのであらうと思つてこそかうしたのであつた。こんなことはよもやあるまいと思つてゐたのに、實際に死んでしまつたので、狼狽して、神佛に願などを立てて、蘇生することを祈つた。今日の夕方頃に死んで翌日の夜の八時頃になつて、願のおかげか、やうやくのことで蘇生した。昔の若者は、そのやうに物の情のわかつた物思いをしたものだ。それに對して、物のあはれを解する筈の現在の年を經た人は、どうして死ぬ程戀することがあらうか。いやない。今の人は物の情といふ點では駄目なことだ。


【西義一[伊勢物語新釋]1948年8月、有精堂】
《※底本は藤井高尚「伊勢物語新釋」本文。吉澤義則監修》
★以前、若い優夫が、人好きのするある女へ思ひをかけた。ところが、その優夫には、たちのよくない親がついてゐて、この賤しい女に心を寄せるのを憎んで、優夫から引き離して、外へ逐ひやらうとした。さうは考へたが、まだ實行するといふ處にはゆかなかつた。優夫は部屋住みで、その上、氣の弱い生れつきであつたから、兩親に楯つく勇氣はない。女も卑しい召使の身だから、なほ更、爭ふ事は出來ない。こんな状態の中に、思慕の情のみはいや募る。いよいよ事情が切迫したので、不意に親たちが女を放逐した。それを眼の前に見てゐながら、どうする力もない優夫は、血の淚を流して悶えたが、何の甲斐もない、追放されるのを止められなかつた。女は人に伴れられて去つた。そのつけ人の歸るのにことづけた女の歌が、優夫の手に届いた。

 お前が歸つて、「何處まで送つていつたか。」と、誰かがお尋ねになつた時、厭きもあかれもせぬ別れの悲しみに、私が流す淚川まで送つたと答へてほしい。

それを讀んで、優夫もなくなく詠んだ。

 お互に厭はしい仲なら、誰が別れを悲しまうぞ。苦しい戀をした過去よりも、今日の離別が、一層悲しいのです。

と歌つて、情が迫つたか、氣絶をしたので、優夫の親たちは狼狽した。平素から高を括つて、口やかましく叱つてゐたが、まさか是程思ひつめてゐようとも思はなかつたのに、本當に死入つたので、大騒ぎをやつて、神佛に願立てまでした。今日の夕方氣絶して、翌日の戌の刻時分に、やつと正氣づいた。以前の若い者は、これほどまで思ひ込んだ女遊び(戀慕)をしたものだ。當世は老人でも、こんな風なことはあるまいよ。


中河与一[角川文庫]1953年7月、角川書店
《※底本は藤井高尚「伊勢物語新釋」本文。中河氏の訳は戦後に書かれたものだが仮名遣は歴史的仮名遣になっている》
★むかし、或る男が自分の親のうちで使つてゐる娘で、餘り惡くはないといふ程度の少女を愛するやうになつた。ところがその男には利口ぶる親があつてこのまゝにしておけば、二人は思ひあつて、離れられない仲になるかもしれないと案じて、この少女をよそに追ひやらうとした。さうは思ふものの暫くそのまゝにして様子を見てゐた。
男も親がかりの身であるから、親に反對するほどの元氣もなく、親のすることを止める事も出來なかつた。少女はいやしい召し使ひの身分であるから、勿論主人の命令にさからふほどの力もなかつた。さうしてゐるうちに二人の思ひは益ゝ深くなるばかりであつた。そこで親は急にこの少女を家から追ひだした。男は血の淚をながして歎いたが、少女を引きとめる方法もなかつた。やがて少女は人につれられて家を出て行つた。少女は自分を送つて來て歸つてゆく人にことづけて

 どこまで送つて行つたかと
 あの人がお尋ねになつたなら
 飽も飽かれもせぬ別れの悲しさに
 私のながす淚川のほとりまで送つた

とどうぞ御つたへして下さいませ。

それをよんで男も泣く泣く詠んだ。

 いやで別れるのなら何んでもないが
 無理にさかれた今日の離別
 苦しい戀をしてゐた時よりも
 それはもつと一層悲しかつた。

と歌つて男は氣絶してしまつた。それを見た親は非常にあわてた。平生からたかをくくつて口やかましく叱つてゐたが、まさかこんなことにならうとは思はなかつたのに、本當に息が絶えてしまつたので、親は大騒ぎをして、神佛に願をたてて祈つた。すると今日の夕方氣絶したものが翌日の夜の八時ごろになつてやつと息をふきかへした。
昔の若い人達はこんなに命をうち込んだ戀愛をしたものである。當世は年輩の人でもこんな純情なことは出來まい。


【大津有一[現代語譯日本古典文學全集]1954年3月、河出書房】
★昔、まだ若い男が、召使の中の一寸美しい女に思をかけて居りました。ところが分別臭い親が居て、深く執心しては大變だと思って、この女を外へ追いやろうとしました。そうは云ってもまだ追い出さずにいたのです。男は親掛りの子供のこととて、自分の氣持を云い張る氣力もなかったので、親が女を追い出すのを止める元氣もありません。女もまた召使の賤しい身分ですから無論抵抗する力などありません。そうこうして居る中に、お互の思慕の情はいよいよ募って參ります。と急に親がこの女を追い出しました。男は血の淚を流しましたが、止める術もありませんでした。他の召使がこの女を連れ去ってしまいました。男は泣く泣く、

 出でていなば誰か別の難からむありしにまさる今日は悲しも(自分から出てゆくのならば、誰が別れ難い思いをしましょうか。親に追い出されて行く別れなのですから、今日は追い出す追い出すとおどかしたあの時にもまして一入[ママ、「一層」の誤植?]つらく悲しく思われます。)

と詠んで、悲歎のあまり氣を失ってしまいました。親は大へんにあわてました。矢張子供の前途を思って云ったので、まさかこれ程のこともあるまいと思ったのに、本當に氣を失ってしまったので、うろたえて願など立てたのです。今日の日暮頃に息が絶えて、翌日の戌の刻今なら午後八時頃になって、やっとのことで息を吹き返しました。昔の若い者はこうした思い詰めた命がけの戀をしたものです。今の翁は戀のために死ぬようなことはありますまい。
  

【池田亀鑑[伊勢物語精講]1955年4月、學燈社
《1956年9月刊の学燈文庫も同じ》
★むかし、若い男がいた。わるくはない女を愛するようになった。賢(かしこ)だてをする親がいて、男の愛着が深まるとよくないと思って、この女を家からほかに逐い出そうとした。そうはいうものの、不愍であるので、まだ逐い出さない。男は親の世話になっている分際であるので、まだ反対する気力もなかったので、それを止めるだけの力もない。女もいやしい身分なので、あらがう力がない。そうしている中に、お互いの愛情はいよいよ深まって行く。俄に親はこの女を追い出すことにした。男は血の涙を流して悲しみ泣いたけれども、引き止めるてだてもない。とうとう親の命令をうけた者が女をつれて家を出て行ってしまった。男は泣く泣くよんだ。

 いでていなば誰か別れのかたからむありしにまさるけふはかなしも
(あの子は出てしまう。私も共に家をとび出せるものなら、悲しい別れをしなくてもすむのだが。今までにこんな悲しい思いをしたことはない。)

と詠んでいきが絶えてしまった。親は大いにあわててしまった。やはり息子のことを思ってこわもての意見もしたのである。まさかこれほど深く思いこんでいるのでもあるまいと思っていたところが、本当にいきが絶えてしまったので、大あわてにあわてて願を立てた。今日の日没の頃にいきが絶えて、翌日の夜八時頃にやっとのことでいきをふきかえした。むかしの若い男は、こんなはげしい恋の耽溺をしたのである。今の世のおとっつあん連中、恋死になんてできようかい


【橘誠[伊勢物語の文法と解釈]1957年11月、学燈社
★昔、若い男が、まんざら悪くない女を愛した。賢だてをする親がいて、このままにしておくと男の愛着の心がつくとよくないと思つて、この女を家からほかへ追い出そうとした。口ではそうはいうものの、まだ女を追い出さない。男は、親がかりの身分なのでまだ親の意見に反対する気力もなかつたので、親の仕打をさしとめる力がない。女もいやしい婢の身分であるから、男の親と張り合う力がない。そうしているうちに、互の愛情はいよいよ深まつて行く。急に親がこの女を家から追い出した。男は血の涙を流して悲しみ泣いたけれども、女を引きとめるてだてがない。とうとう親の命令を受けた人が、女を連れて家を出て行つてしまう。男が泣く泣く詠んだ歌、

 女が、いやになつて自分で家を出て行つてしまつたのならだれが別れが悲しかろうか、悲しいはずはない。今までにまさるつらい思いをする今日は、ほんとに悲しいことだ。

と詠んで気絶してしまつたことだつた。親があわててしまつた。やはり親は自分の息子のことを思つて諫言したのだが、よもやこれほど深く女を思いこんではいまいと思つたのに、本当に気絶してしまつたので、大あわてにあわてて、神仏に願を立てたことだつた。今日の日没頃に気絶して、翌日の夜八時頃になつて、やつと息を吹き返したことだつた。昔の若い男は、こんなひたむきな恋をしたのである。今時の年輩の人に、恋死なんていうことができようか、恐らくできないだろう。


【伴久美[国文解釈と鑑賞叢書3文法設問伊勢物語の解釈と鑑賞]1958年5月、有精堂】
★昔、若い男がおりました。(その男は)そうわるくはない女を愛するようになっていました。それをさかしらする親があって、男の思いが深まるといけないというので、この女を他へ追い出そうとします。しかし、そうは言うものの、(やはり不愍で)まだ追い出しはしませんでした。男はまだ若く、親がかりですので、親に反対する気力もありませんでしたから、それをとめる力もなかったのです。一方、女も賤しい身分でしたので、反対する力はありません。そうしているうちにも、二人の思いはいよいよ深くなってゆきます。(そこで)親は急にこの女を追い出すことにします。男は血の涙を流して悲しみ歎きましたけれども、引きとめる何のすべもありませんでした。とうとう、親に言いつけられた者が、女をつれて家を出て行ってしまいました。男は泣く泣く次の歌を詠みました。

 あの子は出て行ってしまう。私も共に家を出て行くことが出来るならば悲しい別れもしないですむのでしょうが。今までこんな悲しい思いをしたことはありません。

と詠んで、息が絶えてしまったのです。親はたいそうあわててしまいました。やはり子供のためを思って言ったのでしたけれど、まさかこれほどまでに思いこんではいまいと思っていたのですが、本当に息が絶えてしまったので、親は大あわてにあわてて願をたてました。その日の日没頃に息絶えて、あくる日の八時頃に、やっとのことで息をふきかえしました。昔の若者は、こんなはげしい恋をしました。今の世のお年よりは恋死など出来ましょうか。


【大津有一「日本古典鑑賞講座5」1958年5月、角川書店
《同じ大津氏の訳でも河出書房版の訳とは若干違いがある。表記にも違いが見られ、こちらは捨て仮名(小文字)が無い表記だが、この辺は編集者の姿勢の違いによるものか》
★昔、まだ若い男が、召使の中のちよつと美しい女に思いをかけておりました。ところが分別臭臭い親がいて、このままにして置くと、深く執心してはたいへんだと思つて、この女を他へ追いやろうとしました。そうはいつてもまだ追い出さずにいたのです。男は何しろ親がかりの身分ですから、自分の氣持を主張するだけの氣力もなかつたので、親が女を追い出すのをとめる勇氣もありません。女もまた卑しい召使の身ですから、無論抵抗する力などありません。そうこうしている中にも、お互の思慕の情はいよいよ募つて參ります。と急に親がこの女を追い出しました。男は血の淚を流しましたが、とめる術(すべ)もありませんでした。他の召使がこの女を連れ去つてしまいました。男は泣く泣く、

いやになつて家を出て行つたのなら、誰も別れをつらいとは思わぬでしよう。しかし追い出されて行つた別れだから、以前よりもいつそう今日は悲しく思われます。

とよんで、悲歎のあまり氣を失つてしまいました。親はたいへんにあわてました。やはり子の前途を思つて言つたのて[ママ、“で”の誤植?]まさかこれほどのこともあるまいと思つたのに、本當に氣を失つてしまつたので、うろたえて願など立てました。今日の日沒ごろに息が絶えて、翌日の午後八時ごろになつて、やつとのことで息を吹き返しました。昔の若い者はこうした思いつめた命がけの戀をしたものです。今の年輩の人はこれほど眞劍な戀はしないだろう、と思われます。


【中谷孝雄[古典日本文学全集7王朝物語集]1960年7月、筑摩書房
《1992年5月刊ちくま文庫より》
★むかし、若い男が、(その家の召使の)そう悪くない女に思いをかけた。ところが男には、こざかしい親があって、男の執心の募ることをおそれ、その女をよそへ追いやろうとした。しかしそうはいっても、まだ追いやりはしなかった。男は親がかりの身分なので、まだ心に気魄というものがなかったから、親のすることをとどめる勇気も出なかった。女も身分がいやしいので、抵抗する力がない。そうこうしている間にも二人の思いはいよいよ募るばかりである。それを見て親は急にこの女を追い出した。男は血の涙を流して悲しんだが、それをとどめる手段はない。(親の命令を受けた者が)とうとう女を連れて出ていってしまった。男は泣く泣く次のように詠んだ。

(女が自分の意志で出ていくのだったら、誰もこんなに別れがたい思いはしないだろうが、親に追い出されていくのであるから、あの苦しい仲をつづけていた以前にも増して、きょうはいっそうかなしい思いをすることだ)

と詠んで気を失ってしまった。親はあわててしまった。やはり息子のことを思ってあんなにきびしく言ったのであるが、まさかこれほどまでに真剣ではあるまいと思ったのに、本当に気を失ってしまったので、どうしてよいかに迷って神仏に願をかけた。きょうの日没の頃に息が絶えて、翌日の戌の時(午後八時)ごろにやっと息をふきかえした。むかしの若者は、このように一途な恋の物思いをしたことである。今の老人くさい若者には、とてもこんなはげしい恋はできまい。


【上坂信男[伊勢物語評解]1969年1月、有精堂】
★昔、若い男が特別美しくも醜くもない女を愛した。賢(さか)しがる親がいて、一層情愛深くなるといけないといって、この女を他所へ追い払おうとする。そうは言ってもまだ追い払わない。男は親の世話を受けている分際なので、まだ気の強いこともなかった。それで女を引留める元気がない。女も、使われる身であったので、抵抗する力がない。そうしているうちに思いはいよいよもって募って来る。急に親はこの女を追い出した。男は泣きながら歌を詠んだことだ━━

 女が自分から出て行くのならば、別れることもできないことではないだろう。そうでないだけに、今まで以上に今日は悲しいことだ。

と詠んで気絶してしまった。親は慌ててしまった。やはりわが子をかわいく思って言ったのだけれど、ほんとうに、これほどでもないだろうと思っているうちに、実際に気絶してしまったので、どうしてよいか分らなくなって、神仏に願をかけた。その日の日暮どきに気絶して、翌日の戌の時(午後八時 ━━ 十時)ごろに、ようやく息を吹き返したのであった。昔の若い人はこのような粋(すい)な嘆きをしたことだ。当世の老人だったら本当に死ぬだろうよ。



〘⇒伊勢物語第40段《すける物思ひ》はどう訳されているか②
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2018/03/10/222320