つらつら思うこと

特にテーマは決めずに書きます

伊勢物語初段の『をいつきて』について

伊勢物語初段の

 かすかのゝわかむらさきのすり衣
 しのふのみたれかきりしられす
となむをいつきていひやりける
学習院大学蔵伝定家筆本)

の『をいつきて』をどう解釈するかは注釈書・参考書でもほぼ二つに分かれている。

〈以下は《》の部分が本文。[]の部分が校注・語釈。『』の部分が訳。なお訳のみの本は取り上げなかった〉


【A.『おいづきて』もしくは『おいつきて』と取る】

★池田亀鑑「伊勢物語精講」(1955年4月)━━《おいつきて》[老つきて][大人びて]『ませた口調で』
「学燈文庫/伊勢物語」(1956年9月)━━《おいつきて》[老つきて][大人びて]『ませた口調で』

★伴久美「伊勢物語の解釈と鑑賞」(1958年4月)━━《おいづきて》[老つきて][大人びて]『ませた口調で』
伊勢物語に就きての研究/索引篇」(1961年12月)━━《おいづきて(老い附きて)》

★大津有一「日本古典鑑賞講座/伊勢物語」(1958年5月)━━《おいづきて》[大人めいて][ませた言いぶりで]『ませた言いぶりで』
岩波文庫伊勢物語」(1964年12月)━━《おいつきて》

★山田清市「伊勢物語影印本付」(1967年4月)━━《をいづきて》[大人めいた様][年のわりにませた言い方]
古典文庫/鉄心斎文庫本」(1979年10月)━━《をひづきて(伝為相筆本)》《をいづきて(承久三年奥書本)》

★上坂信男「伊勢物語評解」(1969年1月)━━《おいつきて》[老成した態度と詠みぶりで]『老成した態度で』

★森野宗明「講談社文庫/伊勢物語」(1972年8月)━━《おいづきて》[老いづきて]『ませた口調で』

渡辺実「新潮日本古典集成/伊勢物語」(1976年7月)━━《おいづきて》『経験をつんだ大人みたいに』

★永井和子「対訳日本古典新書/伊勢物語」(1978年4月)━━《おいづきて》[老いづく][ませた態度で]『大人びた口調で』
「笠間文庫/伊勢物語」(2008年3月)━━《おいづきて》[老いづく][ませた態度で]『大人びた口調で』

石田穣二「角川文庫/新版伊勢物語」(1979年11月)━━《おいづきて》[老い付きて][大人ぶって]『大人ぶって』

田辺聖子「現代語訳日本の古典/伊勢物語」(1980年11月)━━《おいづきて》『おとなびて』

★吉岡曠「学灯文庫/現代語訳伊勢物語」(1982年12月)━━《おいづきて》『いっぱしの大人がするように』

★坂口由美子「ビギナーズ・クラシックス日本の古典/伊勢物語」(2007年12月)━━《おいづきて》『いっぱしの大人ぶって』

★此島正年「伊勢物語要解」(1955年)━━《おいづきて》[老いづきて]『(年に似合わず)老成したふうで』

★橘誠「伊勢物語の文法と解釈」(1957年11月)━━《おいづきて》[老いづきて][大人びて][年齢に似合わずませた言いぶりをすること]『ませた口調で』

★長瀬治「伊勢物語精解」(1958年4月)━━《おいつきて》[老つきて][老成して][年令に似合わずませた口調で]『ませた口調で』

★小西宏「ニューメソッド国文対訳シリーズ/伊勢物語」(1961年4月)━━《おいづきて》[老いづきて][年に似合わずませて]『年に似合わずませた調子で』

日栄社編集所「要説伊勢物語」(1964年5月)━━《老づきて》[ませた調子で][おとなびた態度で]『おとなびた口調で』

★三ツ木徳彦「伊勢物語精釈」(1965年5月)━━《おいづきて》[老づきて][年令に似合わずませた口調で]『年に似合わないませた言いぶりで』

坂本哲郎「明解古典学習シリーズ/伊勢物語」(1972年12月)━━《おいつきて》[老いつきて][おとなびて]『おとなびた言いぶりで』

★野口博久・関恒延・中野猛「武蔵野古典学習講座/伊勢物語」(1978年5月)━━《おいつきて》[老い付きて][大人びて][老成して]『大人びて』

★原国人「伊勢物語新解釈」(1980年10月)━━《おいづきて》[老づきて][老成した風で][経験を積んだ大人のように]『いかにも成人ぶって』


【B.『おひつきて』もしくは『おひつぎて』と取る】

★屋代弘賢「参考伊勢物語」(1817年仲春)━━《をひつきて》

久松潜一改造文庫伊勢物語」(1930年)━━《おひつぎて》『すぐさま』

武田祐吉「新編伊勢物語選」(1952年3月)━━《おひつきて》[あとからすぐ]

★松尾聰「新註伊勢物語」(1952年5月)━━《おひつぎて》[追継ぎて][女を見るや否や追いつづけてすぐに]

★鈴木知太郎「古典文庫伊勢物語(天福本・谷森本)」(1952年11月)━━《をひつぎて》(天福本)《をいつぎて》(谷森本)
「校註伊勢物語」(1971年4月)━━《おひつぎて》[すばやく]

★大津有一・築島裕日本古典文学大系伊勢物語」(1957年10月)━━《をいつきて》[追ひ付きて][追ひ継ぎて]

★鈴木知太郎・田中宗作「伊勢物語付業平集」(1960年4月)━━《おひつぎて》[すばやく]

★南波浩「日本古典全書/伊勢物語」(1960年7月)━━《をいつぎて》[追ひ継ぎて][間髪を入れずすぐに]

★松尾聰・永井和子「校註伊勢物語」(1968年4月)━━《おひつきて》[追ひ付きて]

★中田武司「泉州伊勢物語の研究」(1968年11月)━━《をいつきて》[女をみるとすぐに]

★片桐洋一「校注古典叢書/伊勢物語」(1971年3月)━━《おひつきて》[追ひ継ぎて]
「鑑賞日本古典文学/伊勢物語」(1975年11月)━━《おひつきて》[追ひ継ぎて][すぐに][間をおかず続けて]『一気に続けて』
「異本対照伊勢物語」(1981年1月)━━《おいつぎて》

★中田武司・狩野尾義衛「伊勢物語新解」(1971年5月)━━《追いつきて》『すぐに』

大野晋・辛島稔子「伊勢物語総索引」(1972年5月」━━《おひつきて(追ひ付きて)》

★福井貞助「日本古典文学全集/伊勢物語」(1972年12月)━━《おひつきて》[追付きて(すぐに)]『すぐに』
「完訳日本の古典/伊勢物語」(1983年2月)━━《おひつきて》[追付きて]『すぐに』
「新編日本古典文学全集/伊勢物語」(1994年12月)━━《おひつきて》[追付きて(すぐに)]『すぐに』
「日本の古典をよむ」(2008年5月)━━《おひつきて》『すぐに』

★森本茂「伊勢物語全釈」1973年7月)━━《をいつきて》[「おひつぎて」で続け書きすること]『(字を散らし書きにしないで)続け書きにして』

小林茂美「影印校注古典叢書/伊勢物語」(1975年5月)━━《をいつきて》[後から追いかけて]

阿部俊子講談社学術文庫伊勢物語(上)」(1979年8月)━━《おひつきて》[見るやいなやすぐに]『とたんに』

★中野幸一・春田裕之「伊勢物語全釈」(1983年7月)━━《おひつきて》[すぐに]『すぐに』

★中野幸一「対訳古典シリーズ/伊勢物語」(1990年6月)━━《おひつきて》[すぐさま][時間をおかずに]『すぐさま』

★小澤彰「定本伊勢物語」(1992年1月)━━《おひつぎて》

★光學館編輯部「精解國文叢書/伊勢物語」(1946年10月)━━《おひつぎて》[後から][女をかいま見て少し後で引返して]『女を見て少し引返してから』

★雨海博洋「文法全解伊勢物語」(1969年1月)━━《をいつきて》[(女を見ると)すぐ]『すぐさま』

★郷衡・田尻嘉信「明解シリーズ/伊勢物語」(1972年11月)━━《をひつぎて》[女を見るとすぐに]『さっそく』

日栄社編集所「文法解説伊勢物語」(1973年4月)━━《おひつきて》『とっさに』

★奥野光恵「国語 Ⅰ シリーズ/伊勢物語」(1982年5月)━━《おひつきて》[すぐに]『すぐに』

★春山要子「古典新釈シリーズ/伊勢物語」(1984年10月)━━《おひつきて》[すぐに]『すぐに』

★塚田義房「VITALS SERIES伊勢物語解釈の基礎」(1986年3月)━━《をいつきて》「女を見るとすぐに」『女を見るとすぐに』

★西谷元夫「精選古典/伊勢物語」(1986年6月)━━《おひつきて》[女の姿を見るとすぐに」『女の姿を見るとすぐに』
「必読古典/伊勢物語」(1990年7月)━━《おひつきて》[女の姿を見るとすぐに]『女の姿を見るとすぐに』

小原孝「新明解古典シリーズ/伊勢物語」(1990年9月)━━《をいつきて》[追いつくようにすぐに]『即興で』

日栄社編集所「新・要説伊勢物語」(1998年7月)━━《追ひつきて》[(女を見るや)すぐに][間をおかずに]『とっさに』


またAかBかよく判らないものもある。

★西義一「伊勢物語新講」(1948年8月)━━《おひつぎて》『ませた調子で』

★中河與一「角川文庫/伊勢物語」(1953年7月)━━《おひつきて》[弱年のくせにませて]『まだ歳も若いくせに大人びて』

★中田武司「有精堂校注叢書/伊勢物語」(1986年9月)━━《をひつぎて》[大人びて]

高橋睦郎「すらすら読める伊勢物語」(2004年12月)━━《おいづきて》『とっさに』



伝定家筆本の原文は《をいつきて》。
定家仮名遣いでは『老い』は『おい』、『追ひ』は『をひ』となる。
類聚名義抄でもオイ(老)のアクセントは平上で、オフ(追)は上平、ヲヒ(出)は上上だから、平音をオ、上音をヲと表記する定家仮名遣いと矛盾しない。
伝定家筆本では88段の「つもれば人のおいとなる物」、97段の「おいらくのこむといふなる」は『おい』と書かれていて『をい』ではない。
一方「追う」の意味では、24段の「しりにたちてをひゆけど」、40段の「ほかへをひやらむとす」「この女をゝひうつ」は『をひ』だが、24段の「えをいつかで」、40段の「まだをいやらず」では『をい』と表記されていて『をひ』と『をい』が混用されている。
それゆえ初段の『をいつきて』は、少なくとも定家は『追ひつきて』の意味に取っていたと考えるべきだろう。

森野宗明氏のように伝本の表記からは「老い」に取るのは難しいと認めながらも意味の上では「老い」に取る方が自然と述べている人もいて、それはそれで森野氏の学者としての誠実さを感じるが、橘誠氏のように『い』か『ひ』かだけを見て『を』と『お』の違いを無視するような暴論には賛同できない。

『追ひつきて』・『追ひつぎて』説の大半が「すぐに」の意味に取っている中で、森本茂氏が「続け書きにして」の意味に取っているのが目を引くが、それなりの根拠も示しているので一概に否定できない。

しかしまた、ここを『をいつきて』とは全く違う語句で記している本もある。
実践女子大学蔵異本伊勢物語及び慶応大学蔵異本伊勢物語(この二つの写本の親本は同じ本で兄弟本になるようだ)では、ここは『家にきて(よめる)』となっている。表現としてはこの方が単純で判りやすく、この両写本が定家本6段の「これは二条のきさきの」以下を欠くなど伊勢物語の古態を伝える本と思われることも考えると、『家にきてよめる』が本来の文であった蓋然性も捨てがたい。