つらつら思うこと

特にテーマは決めずに書きます

知恵袋の回答

知恵袋の質問への回答の一部です。


伊勢物語23段(現存する伊勢物語写本中最古の写本の一つと考えられる国立歴史民俗博物館蔵伝二条為氏筆本〈通称「大島本」〉による)
f:id:nobinyanmikeko:20180919064036j:plain

むかしゐ中わたらひしける人の
ことも井のもとにいてゝあそひ
けるをおとなになりにけれは
おとこもをんなもはちかはして
ありけれとおとこはこの女を
こそえめとおもひ女はこのをと
こをこそと思ひつゝおやのあ
はするをもきかてなんありけ
るさてこのとなりのをとこの
もとよりかくなん
 つゝ井つのゐつゝにかけしまろかたけ
 すきにけらしもいもみさるまに
  返し女
 くらへこしふりわけかみもかたすきぬ
 きみならすしてたれかあくへき
かくいひ\/てつひにほいのこと
あひにけりさてとしころふる
ほとに女はをやなくなりたより
なくなるまゝにもろともにいふ
かひなくてあらむやはとてかう
ちのくにたかやすのこほりにい
きかよふところいてきにけりさり
けれとこのもとの女あしと思へる
けしきもなくていたしやりけ
れはおとこことこゝろありて
かゝるにやあらむと思ひうたかひ
てかくかうちへいぬるかほにて
せさいのなかにかくれてゐてみ
れはこの女いとよくけさうして
うちなかめてかくなん
 かせふけはをきつしらなみたつた山
 よはにやきみかひとりゆく覧
とよみけるをきゝてかきりなく
かなしと思てかうちへもゆかす
なりにけりまれ\/かのたかや
すにいきてみれははしめこそ
こゝろにくもつくりけれいまは
うちとけてつくしくしをさし
かけてかみをまきあけてをも
なかなる女てつからいゐかひとり
てけこのうつは物にもりけるを
みてこゝろうかりていかすなりに
けりさりけれはかの女やまとの
かたをみやりて
 君かあたりみつゝをゝらんいこま山
 くもなかくしそあめはふるとも
といひてみいたすにからうしてやま
と人こむといへりよろこひてま
つにたひ\/すきぬれは
 きみこんといひしよことにすきぬれ
 はたのまぬ物のこひつゝそふる
といひたれとをとこすますなり
にけり

大和物語149段(桂宮本系統の永青文庫細川幽斎奥書本による)
f:id:nobinyanmikeko:20180919090528j:plain

むかしやまとの國かつらきのほとりにすむ男女あり
けりこの女かほかたちいときよらなりとしころおもひか
はしてすむにこの女いとわろくなりにけれはおもひ
わつらひてかきりなく思ひなからめをまうけてけり
この今のめはとみたる女になんありけることに
おもはねといけはいみしういたはり身のさう
そくもいときよらにさせけりかくにきはゝしき所
にならひてきたれはこの女いとわろけにてゐて
かくほかにありけりとさらにねたけにも見えすなとあ
れはいとあはれと思ひけり心ちにもかきりなく
ねたく心うくおもひをしのふるになんありけるとゝ
まりなんと思夜もなをいねといひけれはわかかくあ
りきするをねたまてことわさするにやあらむさ
るわさせすはうらむる事もありなと心のうちにお
もひけりさて出ていくと見えてせむさいのなかに
かくれておとこやくるとみれははしにいてゐて月の
いといみしうおもしろきにかしらかいけつりなとし
てをり夜ふくるまてねすいといたううちなけ
きてなかめけれは人待なめりと見るにつかう人の
まへなりけるにいひける
 風ふけはおきつ白波たつ田山夜はにや君か獨こゆらん
とよみけれはわかうへをおもふなりけりとおもふにいと
かなしうなりぬこのいまのめの家はたつた山を越
ていくみちになんありけるかくてなをみをりけれ
はこの女うちなきてふしてかなまりに水をいれて
むねになむすへたりけるあやしいかにするにかあら
んとて猶みるされはこの水あつゆにたきりぬ
れはゆふてつ又水をいるみるにかなしくてはしり
出ていかなる心ちし給へはかくはし給そといひて
かきいたきてなんねにけるかくてほかへもさらに
いかてさとゐにけりかくて月日おほくへておもひ
やるやうつれなきかほなれと女のおもふ事いと
いみしきことなりけるをかくいかぬをいかにおもふ
らむと思ひ出てありし女のかりいきけりひさし
くいかさりけれはつゝましくてたてりけりさてかいま
めは我にはよくて見えしかといとあやしきさまな
るきぬをきておほくしをつらくしにさしかけてをり
手つからいゐもりをりけりいといみしとおもひてき
にけるまゝにいかすなりにけりこの男はおほきみ
なりけり


古今和歌集 巻18・雑歌下・994(宮本家蔵清輔本による)
f:id:nobinyanmikeko:20180920020947j:plain

  たいしらす  よみ人しらす
かせふけはをきつしらなみたつた山
よはにや君かひとりこゆらん
 ある人この哥はむかしやまとのくにな
 りける人のむすめにある人すみわ
 たりけりこの女をやもなくなりて
 いへもわろくなりゆくほとにこのをとこ
 かうちのくにゝ人をあひしりてかよひ
 つゝかれやうにのみなりゆきけりさり
 けれともつらけなるけしきもみえて
 かうちへゆくことにをとこの心のことく
 にしつゝいたしやりけれはあやしと思
 ひてなきまにこと心もやあるとうたか
 ひて月のをもしろかりけるよかう
 ちへいくさまにてせさいのなかにかく
 れてみ侍けれはよふくるまゝにことを
 かきならしつゝこのうたをよみてね
 にけれはこれをきゝていとあはれなり
 とおもひてそれより又ほかへもまからす
 なりにけりとなんいひつたふる