つらつら思うこと

特にテーマは決めずに書きます

平岸のこと

スプレー缶による爆発炎上事故で名前が出て来た札幌市平岸。

僕は1957年の10月頃、たった一晩だけだったけど平岸に住んだことがある。

自衛官だった父が帯広から札幌の駐屯部隊に異動になって、札幌の部隊の人に予め引越し先を探してもらったのだけど、二件の物件のうち一件は間借りだけど平岸の家は一戸建ての二階家だったので、間借りより一戸建ての方が良いだろうということで平岸の家に入った。

ところが行ってみて驚いた。この家は水道が通ってなくてポンプだった(あの頃は水道の通ってない所は珍しくなかった)けど、そのポンプから出て来る水が全くの泥水だった。コップに取ってしばらく置いてから上澄みを飲んでもまだ泥臭くて、これは酷い、とてもこんな所には住めないということで、荷物の梱包も解かないまま翌日には山鼻小学校近くの間借りの家に改めて引越した。

間借り先には僕と弟と同い年の可愛い女の子姉妹がいて大家さんも良い人だったけれど、やはり間借りは気を使うからと結局引越してすぐから更に転居先を物色して、僅か二週間で南23条の啓北商高近くの一戸建て(平屋)にまた引越した。ここもポンプだったけれど、こちらはまずまずの水が出た。ただ、ここは幌南小学校の学区だったけど、山鼻小学校に転入して二週間しか経っていないからというので、毎日バスで山鼻小学校に通う羽目になった。