つらつら思うこと

特にテーマは決めずに書きます

三省堂例解古語辞典⑮【こきまず】㈢ 〜1960年代

【こきまず】の各古語辞典の記述を比較してみる。〜その(1)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★參考古語辞典・學生版(松下大三郎監修、江波熈編著、1940年2月、中文館書店)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こきまず……「まぜ合せる」
[例]春も過ぎて、桃も櫻もひとつ柳と見ゆるに、こきまぜし春の錦も忘れぬるころ、山吹のいさゝか咲き出でたるも、いはぬうらみぞふかげなる。(花月草紙、1818年刊か)=春も過ぎて、桃も櫻もすべて靑葉になつて柳の綠と一緒に見えるので、春闌な頃に櫻や柳をまぜ合せて錦の様に美しかつた景色も忘れたころ、山吹がすこし咲きかゝつたのも、表に出しては言はない恨みが深さうである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★明解古語辞典・初版(監修:金田一京助、編修主任:金田一春彦、編修協力:石垣謙二・大野晋・永野賢、編修幹事:吉沢典男、1953年4月、三省堂
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず(他動下二)混ぜ合わせる。
「見渡せば柳桜を━━・ぜて、都ぞ春の錦なりける」〔古今〕
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※「明解古語辞典・改訂版」(1958年12月)も同じ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★新明解古語辞典・第二版(監修:金田一京助、編者代表:金田一春彦、編修参与:石川徹、編修委員:辻村敏樹・永野賢・西宮一民・秋永一枝、1977年12月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【━━混ず】(他動下二)混ぜ合わせる。
「見渡せば柳(ノ緑と)桜(ノピンク)を━━・ぜて、都ぞ春の錦なりける(=春の錦トイウノハコレカト思ウホド美シイ)」〔古今・春上・56〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★新明解古語辞典・第三版(監修:金田一京助、編者代表:金田一春彦、編修参与:石川徹、編修委員:辻村敏樹・永野賢・西宮一民・秋永一枝、編修協力:桑山俊彦、1995年1月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【こき混ず】(他動ザ下二)混ぜ合わせる。
「見渡せば柳(ノ緑ト)桜(ノピンク)を━━・ぜて、都ぞ春の錦なりける(=春の錦トイウノハコレカト思ウホド美シイ)」〔古今・春上・56〕

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★角川古語辞典・初版(武田祐吉久松潜一編、1958年3月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず「他ザ下二」混ぜ合わす。入れ混ぜる。
「見渡せば柳桜を━━・ぜて」〔古今・春〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★角川古語辞典・改訂版(武田祐吉久松潜一編、1963年1月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【扱き混ず】他ザ下二《「かきまず」の転という》かき混ぜる。混ぜ合わす。
「装束かたち、花を━━・ぜたる錦に劣らず見えわたる」〔源・少女〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★角川新版古語辞典(久松潜一・佐藤謙三編、1972年11月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【こき混ず】他ザ下二《「こき」は接頭語。一説に「かきまず」の転とも》かき混ぜる。混ぜ合わす。
「装束かたち、花を━━・ぜたる錦に劣らず見えわたる」〔源・乙女〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★角川最新古語小辞典(佐藤謙三・山田俊雄編、1975年1月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【こき混ず】他ザ下二
かき混ぜる。混ぜ合わす。
「見渡せば柳桜を━━・ぜて都ぞ春の錦なりける」〔古今・春上・56〕
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※「角川最新古語辞典・増補版」(佐藤謙三・山田俊雄編、1980年1月)も同じ。
※「角川必携古語辞典」(山田俊雄・吉川泰雄編、1988年11月)もほぼ同じ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★角川必携古語辞典・全訳版(山田俊雄・吉川泰雄・室伏信助編、1997年11月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【こき混ず】他ザ下二
かき混ぜる。混ぜ合わす。
「見渡せば柳桜を━━・ぜて都ぞ春の錦なりける」〔古今・春上・56〕
[訳]はるかに見渡すと、(綠の)柳と(紅の)桜を混ぜ合わせて、この都こそが春を織りなした錦であるなあ。
[訳し方注意]断定の助動詞「なり」が詠嘆の助動詞「けり」と接続した「なりけり」は、今まで気づかなかったことに改めて気づいた気持ちを表す。「……であるなあ」「……だったなあ」と訳すとよい。また、用例では前の「ぞ」と係り結びをなしているので、「けり」が連体形になっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★角川全訳古語辞典(久保田淳・室伏信助編、2002年10月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こきま・ず【扱き混ず】〔他ザ下二〕
かき混ぜる。混ぜあわせる。
[例]「見渡せば柳桜をこきまぜて都ぞ春の錦なりける」〈古今・春上・56・素性法師
[訳]見渡すと柳や桜を一面にまぜあわせていて、都こそが春を織りなしている錦なのだなあ。
[分析]▷都ぞ春の錦なりける 強調の係助詞「ぞ」……気づきの助動詞「けり」の連体形「ける」は係り結び。都こそが春の錦であったことに気づいた感動を表す。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★旺文社古語辞典・増補版(校閲:守随憲治・今泉忠義、編集責任者:鳥居正博、1962年2月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こきま・ず(他下二)まぜる。かきまぜる。
「四方の桜を━━・ぜて」〈続後拾遺・春下〉
◇「こき」は接頭語
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※「旺文社古語辞典・中型新版」(監修:守随憲治・今泉忠義、編集責任者:鳥居正博、1965年2月)・「旺文社古語辞典・改訂新版」(監修:守随憲治・今泉忠義松村明、1969年11月)もほぼ同じ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★旺文社古語辞典・新版(守随憲治・今泉忠義松村明編、1981年10月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず(他ザ下二)〚[組成]「こき」は接頭語〛まぜ合わせる。かきまぜる。
「見渡せば柳桜を━━・ぜて都ぞ春の錦なりける」〈古今・一・春上・56・素性法師
はるかに京のまちを見わたすと、柳の新緑と、桜の淡紅色とをあちこちにまぜあわせて、この都こそが、一面に延べ広げた春の錦だったのだなあ。(山の紅葉をいう「秋の錦」に対応する美をうたう)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★旺文社古語辞典・改訂新版(松村明・山口明穂・和田利政編、1988年10月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【こき混ず】(他ザ下二)〚[組成]「こき」は接頭語〛種類の違ったものをまぜ合わせる。かきまぜる。
「見渡せば柳桜を━━・ぜて都ぞ春の錦なりける」〈古今・一・春上・56・素性法師
はるかに京のまちを見わたすと、柳と、桜とをまぜあわせて、この都こそが、春の錦だったのだなあ。(山の紅葉をいう「秋の錦」に対する美をうたう)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★旺文社古語辞典・第八版(松村明・山口明穂・和田利政編、1994年9月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【こき混ず】(他ザ下二)〚[組成]「こき」は接頭語〛
まぜ合わせる。かきまぜる。
「見渡せば柳桜を━━・ぜて都ぞ春の錦なりける」〈古今・一・春上・56・素性法師
はるかに京のまちを見わたすと、柳の緑と、桜の花の色とをまぜあわせて、この都こそが、春の錦だったのだなあ。(山の紅葉をいう「秋の錦」に対して、柳と桜の織りなす美を、「春の錦」と見立てたもの)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※「旺文社古語辞典・第九版」(松村明・山口明穂・和田利政編、2001年10月)・「旺文社古語辞典・第十版」(松村明・山口明穂・和田利政編、2008年9月)もほぼ同じ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★新選古語辞典・初版(中田祝夫編、1963年4月、小学館
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【こき混ず】〔他ザ下二〕(「こき」は接頭語〕まぜ合わす。かきまぜる。
「━━・ぜて秋の野辺なる花見れば」〈宇津保・初秋〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★新選古語辞典・新版(中田祝夫編、1974年1月、小学館
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【こき混ず】〔他ザ下二〕〘「こき」は接頭語〙まぜ合わす。かきまぜる。
「見渡せば柳桜を━━・ぜて都ぞ春の錦なりける」〈古今・56〉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★学研古語辞典(吉沢典男編、1968年9月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こきま・ず【こき混ず】〘他・ザ下二〙《「こき」は接頭語》まぜあわせる。かきまぜる。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※「学研要約古語辞典」(吉沢典男編、1987年11月)も同じ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講談社古語辞典(佐伯梅友・馬淵和夫編、1969年12月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【こき混ず】〔他ザ下二〕〘「こき」は接頭辞〙混ぜ合わせる。「紅葉の色々━━ぜ」〈源・関屋〉
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※「講談社学術文庫古語辞典」(佐伯梅友・馬淵和夫編、1979年3月)・「講談社キャンパス古語辞典」(馬淵和夫編、1995年11月)も同じ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━