つらつら思うこと

特にテーマは決めずに書きます

三省堂例解古語辞典⑯【こきまず】㈣ 1970年代

【こきまず】の各古語辞典の記述を比較してみる。〜その(2)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★精解古語辞典(金子武雄・三谷栄一編、1970年4月、金園社)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こきま・ず〔扱き混ず〕(他下二)まぜ合わせる。かきまぜる。
「見わたせば柳桜を━━・ぜて」(古今)♢「こき」は接頭語。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三省堂古語辞典・初版(佐伯梅友監修、小松英雄編、1971年1月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【こき混ず】(動下二)混ぜる。かき混ぜる。
「見わたせば柳桜を━━・ぜて都ぞ春の錦なりける」[古今・春上]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※「三省堂古語辞典・修訂版」(佐伯梅友監修、小松英雄編、1974年1月)も同じ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★詳解古語辞典(佐藤定義編、1972年11月、明治書院
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こきま・ず【こき混ず】(他ザ下二)混ぜ合わせる。
「見わたせば柳桜を━━・ぜて都ぞ春の錦なりける」〈古今・春上〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★新訂詳解古語辞典(佐藤定義編、1982年10月、明治書院
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こきま・ず【扱き混ず】(他ザ下二)(手で取って)きれいに混ぜる。
「見わたせば柳桜を━━・ぜて都ぞ春の錦なりける」〈古今・春上〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新詳解古語辞典(佐藤定義編、1991年10月、明治書院
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こきま・ず【扱き混ず】(他ザ下二)混ぜ合わせる。また、きれいに混ぜる。
「見わたせば柳桜を━━・ぜて都ぞ春の錦なりける」〈古今・春上〉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★旺文社標準古語辞典(鈴木一雄編、1973年1月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【こき混ず】(他ザ下二)〘「こき」は接頭語〙まぜる。かきまぜる。
[例]見渡せば柳桜を━━・ぜて都ぞ春の錦なりける〈古今・春上〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★旺文社学習古語辞典・改訂版(鈴木一雄編、1977年1月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こき-ま・ず【扱き混ず】(他ザ下二)かきまぜる。まぜあわせる。
「見渡せば柳さくらを━━・ぜて都ぞ春の錦なりける」〈古今・春上〉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★岩波古語辞典・初版(大野晋佐竹昭広・前田金五郎編、1974年12月)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こきま・ぜ【扱き混ぜ】〘下二〙しごき落したものを混ぜる。混ぜ合わせる。
「見渡せば柳桜を━━・ぜて都ぞ春の錦なりける」〈古今56〉
「御箱の蓋に、いろいろの花紅葉を━━・ぜて」〈源氏少女〉
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※「岩波古語辞典・補訂版(大野晋佐竹昭広・前田金五郎編、1990年2月)も同じ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━