しこしこ書くブログ

特にテーマは決めずに書きます

萬葉集巻一の「思ふ」

「思ふ」「思ほゆ」「思ほす」等の萬葉集における用例を調べてみる。

用例の訓み・原文は「日本古典文学全集・萬葉集一」(小島憲之・木下正俊・佐竹昭広校注訳、1971年、小学館)に拠った。
歌番号は国歌大観番号に拠った。

訓みが異なるものは注記した。
・【折口信】……「口譯萬葉集」(折口信夫、1916年、文會堂書店)
・【佐佐新】……「岩波文庫・新訓萬葉集上」(佐佐木信綱、1927年、岩波書店
・【新校萬】……「新校萬葉集」(澤瀉久孝・佐伯梅友、1949年、創元社
・【武田角】……「角川文庫・萬葉集上」(武田祐吉、1954年、角川書店
・【旧大系】……「日本古典文学大系萬葉集一」(高木市之助・五味智英・大野晋、1957年、岩波書店
・【旺文庫】……「旺文社文庫万葉集上」(桜井満、1974年、旺文社)
・【新古集】……「新潮日本古典集成・萬葉集一」(青木生子・井手至・伊藤博・清水克彦・橋本四郎、1976年、新潮社)
・【補訂桜】……「補訂版萬葉集」(鶴久・森山隆、1977年、桜楓社)
・【中西講】……「講談社文庫・万葉集一」(中西進、1978年、講談社
・【補訂塙】……「補訂版萬葉集」(佐竹昭広・木下正俊・小島憲之、1998年、塙書房
・【新校注】……「新校注萬葉集」(井手至・毛利正守、2008年、和泉書院
・【伊藤ソ】……「角川ソフィア文庫・新版万葉集一」(伊藤博、2009年、角川学芸出版



⭕《5》
▲思へる我も……念有我母

▲思ひ遣る……思遣

▲思ひそ焼くる……念曽所焼
【折口信】思ひぞ焼くる
【佐佐新】思ひぞ焼くる
【新校萬】おもひぞやくる
【武田角】念ひぞ焼くる
【旺文庫】思ひぞ焼くる
【新古集】思ひぞ焼くる
【補訂桜】おもひぞやくる
【伊藤ソ】思ひぞ焼くる


⭕《7》
▲仮庵(かりいほ)し思ほゆ……仮五百磯所念
【折口信】仮庵(かりほ)し思ほゆ
【武田角】仮庵(かりほ)し念ほゆ
【補訂桜】かりほしおもほゆ
【中西講】仮庵(かりほ)し思ほゆ
【新校注】かりほしおもほゆ


⭕《25》
▲思ひつつぞ来(こ)し……念乍叙来
【折口信】偲(しぬ)びつつぞ来(こ)し
【佐佐新】思ひつつぞ来る
【新校萬】もひつつぞこし
【武田角】念ひつつぞ来る
【補訂桜】おもひつつぞくる


⭕《26》
▲思ひつつぞ来(こ)し……思乍叙来
【佐佐新】思ひつつぞ来る
【新校萬】もひつつぞこし
【武田角】思ひつつぞ来る
【補訂桜】おもひつつぞくる


⭕《29》
▲思ほしめせか……御念食可

▲(或云)思ほしけめか……所念計来可


⭕《45》
▲古思ひて……古昔念而


⭕《46》
▲古思ふに……古部念尓


⭕《50》
▲思ほすなへに……所念奈戸二
【折口信】思ほすなべに
【新校萬】おもほすなべに
【旧大系】思ほすなべに


⭕《64》
▲大和し思ほゆ……倭之所念


⭕《68》
▲忘れて思へや……忘而念哉


⭕《77》
▲ものな思ほし……物莫御念


⭕《80》
▲忘ると思ふな……忘跡念勿

イオンモール川口

三年前に廃業になったグリーンシティに代ってイオンモール川口が開店したのが5月28日だから二ヶ月近くが経過して何回か買物もした。

印象としてはグリーンシティの方が良かったなと思う。
グリーンシティの頃は大東青果とか安くて感じの良いテナントがあったけど、そういう店がリニューアルで戻って来るのかと思ったら全然そうじゃなくて新しい店は高い……。
ATMコーナーも駐輪場も狭くて混雑しているし……。

まあダイヤモンドシティよりは魚が若干安いかなという程度だな。

チャコ

猫のチャコ(♀、2020年4月19日生まれ、全雉)が一昨日から姿が見えない。今日で三日目。

チャコに追い出された雉子が昨日は隣のMさんの玄関前で銀子や銀にゃんと一緒に寝そべってたけど、結局家には帰って来なくて、今日は隣にも居なかった。

このままチャコは居なくなっちゃうのかな?活発で元気の良い猫だけど、雉子を虐めるのが困りものという猫なんだけど。

伊豆山

今回の土砂崩れのあった伊豆山は、もう50年以上も前になるが、両親が別荘地を買ったことがあった。もともと投資目的で別荘を立てる気もなく、数年後に売却して、私は現地に行ったことも無かったが。

女優林美智子のこと

ふと女優林美智子のことが気になってWikipediaを見てみた。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E7%BE%8E%E6%99%BA%E5%AD%90_(%E5%A5%B3%E5%84%AA)

最後のTV出演が15年前、最後の映画出演が9年前。
結婚もしていないようだし、これだと生きているかどうかも判らないという感じだなあ。
好きな女優の一人だったし、これは寂しいなあ。

知恵袋の回答(2021.6.22)

()内は漢字です。


(家)乃津久利屋宇八(夏)遠武年止春部之。(冬)八以可奈留(所)毛春満留。阿川起(比)王露幾寸万為太衣加多起古止(也)。布可起(水)八(涼)之遣奈之。(浅)久天(流)堂留(遙)丹春ゝ之。古万加奈留(物)遠美留仁屋利登八志止三能万与里毛安可之。(天井)能(高)起八(冬)左武久(灯)久良之。(造作)盤(用)奈起(所)遠津久里多留美留毛於毛之呂具(萬)能(用)丹毛多知天与之登曽(人)乃佐多女安比(侍)之。



※【(涼)之遣奈之】の横に【幾介之幾イ】とあります。「イ」は「一本」もしくは「異本」の意です。

樺美智子さんの命日

今日6月15日は樺美智子さんの命日。
もう樺美智子さんの名を記憶している人も少数しか居ないだろうが。


ふと樺美智子さんのWikipedia
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%BA%E7%BE%8E%E6%99%BA%E5%AD%90
を読んでみて、「え?」と思った。
樺美智子さんが一般学生ではなくブントの活動家であり、だから殺害されても仕方なかったみたいな書き方には憤りを覚える。