つらつら思うこと

特にテーマは決めずに書きます

形容詞本活用の未然形について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 形容詞本活用の未然形について ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 古語辞典の場合 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【未然形「くorしく」を認めないもの……(28)】 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ▲「…

知恵袋の回答 2020/5/19

料亭が廃業?

いつも行くドラッグストアへの道の途中にある料亭の看板が無くなっていた。 廃業か? コロナ禍の影響なのかどうかは判らないけれど。

古語辞典比較〜「うつくし」⑤

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/05/06/023444⇒ 「講談社古語辞典」(佐伯梅友・馬淵和夫編、1969年12月、講談社)うつくし【愛し・美し】(形シク)〔「いつくし」と同語源。愛重したいというのが原義〕 ①かわいい。いとしい。 「妻子(…

古語辞典比較〜「うつくし」④

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/05/03/022905⇒ 時代別国語大辞典上代編(上代語辞典編修委員会編、1967年12月、三省堂)うつくし[愛](形シク) いとしい。かわいい。 「本毎に花は咲けども何とかも于都倶之(うつくし)妹がまた咲き出…

助動詞「む」の未然形について

古語辞典の場合 助動詞「む」の未然形として「ま」を挙げているもの★「旺文社古語辞典/初版」(旺文社辞典課編、1960年2月、旺文社) ※活用表には未然形は載せていないが、「まく」の項に《推量の助動詞「む」の未然形「ま」に、体言または副詞を作る接尾語…

古語辞典比較〜「うつくし」③

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/04/27/211244⇒ 「新選古語辞典/初版」(中田祝夫編、1963年4月10日、小学館)うつく・し【愛し・美し】〔形シク〕(「いつく」「いつくしむ」と同源。本来は親の子に対する、年長者の幼少者に対する、ま…

古語辞典比較〜「うつくし」②

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/04/26/220308⇒ 「旺文社古語辞典/初版」(守随憲治・今泉忠義校閲、鳥居正博編集責任、旺文社辞典課編、1960年2月1日発行、旺文社)うつく・し(形シク) ①[愛し]かわいい。愛らしい。いとおしい。 「…

知恵袋の回答 2020/4/27

テキストの文が判らないので、原文(学習院本)から直接現代仮名遣いに変換します。 むかし、おとこありけり。 女のえうまじかりけるを、としをへてよばいわたりけるを、かろうじてぬすみいでて、いとくらきにきけり。 あくたがわという河をいていきければ、…

古語辞典比較〜「うつくし」①

せっかく色々の古語辞典を所持しているのだから、各古語辞典の記述の違いなど比較してみたい。今回は「うつくし」について 「參考古語辞典・學生版」(松下大三郎監修、江波熈著、1940年2月5日発行、中文舘書店)▲うつくし 〔美し〕〔愛し〕 ❶「美しい」 ❷「…

複数の活用のある動詞等 索引

複数の活用のある動詞等 Aー1 https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/03/22/115639 複数の活用のある動詞等 Aー2 https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/04/12/045541 複数の活用のある動詞等 B https://nobinyanmikeko.hatenadiary…

知恵袋の回答 2020/4/18

万葉集3924紀朝臣男梶の歌 (おうふう刊「西本願寺萬葉集」普及版による)なお最後の字は原文では「波」だが、通例元暦校本等により「婆」に置き換えて訓まれている。

知恵袋の回答 2020/4/18

万葉集3924紀朝臣男梶の歌 (おうふう刊「西本願寺本萬葉集」普及版による)なお最後の字は原文では「波」だが、通例元暦校本等により「婆」に置き換えて訓まれている。

複数の活用のある動詞等 D(活用は一つだが自動詞・他動詞の区別があるもの)ー2

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/03/22/124519⇒ ♦上代〜中世の古語で複数の活用を持つ動詞 〈角川全訳古語辞典に拠る〉 ※角川全訳古語辞典を使用したのは、第一に信頼性の高い辞書であること、第二に活用の違いや自動詞・他動詞の違いがあ…

複数の活用のある動詞等 A(四段活用自動詞・下二段活用他動詞型etc.)―2

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/03/22/115639⇒ ♦上代〜中世の古語で複数の活用を持つ動詞 〈角川全訳古語辞典に拠る〉 ※角川全訳古語辞典を使用したのは、第一に信頼性の高い辞書であること、第二に活用の違いや自動詞・他動詞の違いがあ…

やまと人こむ

伊勢物語23段、《やまと人「こむ」》の主な訳。★「きますよ」 〈久松潜一「改造文庫」1930年〉★「来る」 〈吉井勇「新譯繪入伊勢物語」1912年〉 〈中河與一「角川文庫」1953年〉★「来よう」 〈福井貞助「日本古典文学全集」1972年〉 〈片桐洋一「鑑賞日本古…

複数の活用のある動詞等 C(みな自動詞型、みな他動詞型)

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/03/27/142023⇒ ♦上代〜中世の古語で複数の活用を持つ動詞 〈角川全訳古語辞典に拠る〉 ※角川全訳古語辞典を使用したのは、第一に信頼性の高い辞書であること、第二に活用の違いや自動詞・他動詞の違いがあ…

複数の活用のある動詞等 B(自動詞下二段活用・他動詞四段活用型etc.)

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/04/12/045541⇒ ♦上代〜中世の古語で複数の活用を持つ動詞 〈角川全訳古語辞典に拠る〉 ※角川全訳古語辞典を使用したのは、第一に信頼性の高い辞書であること、第二に活用の違いや自動詞・他動詞の違いがあ…

複数の活用のある動詞等 D(活用は一つだが自動詞・他動詞の区別があるもの)ー1

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/03/28/145637⇒ ♦上代〜中世の古語で複数の活用を持つ動詞 〈角川全訳古語辞典に拠る〉 ※角川全訳古語辞典を使用したのは、第一に信頼性の高い辞書であること、第二に活用の違いや自動詞・他動詞の違いがあ…

複数の活用のある動詞等 A(四段活用自動詞・下二段活用他動詞型etc.)―1

♦上代〜中世の古語で複数の活用を持つ動詞 〈角川全訳古語辞典に拠る〉 ※角川全訳古語辞典を使用したのは、第一に信頼性の高い辞書であること、第二に活用の違いや自動詞・他動詞の違いがある場合は■に白抜き漢数字で分けて表記しているので探しやすいことに…

知恵袋の回答 2020/3/22

古語で四段活用と下二段活用の二つの活用を持つ主な動詞★四段活用が自動詞、下二段活用が他動詞のもの赤む、合ふ、入る、浮かぶ、浮かむ、浮く、潤(うる)ふ、赴(おもぶ・おもむ)く、屈(かが・くぐ)む、傾(かたぶ)く、潜(かづ)く、適(かな)ふ、軽…

猫のケムリが

猫のケムリが元気が無い。 4,5日前に激しく嘔吐した時は「つわり」かな?と思ったけど、この2,3日あんまり食事も摂っていないし、このまま死んじゃうんだろうか。 来月12日で満2歳になる4匹兄弟姉妹の中では一番気が強くて、よく銀にゃんと取っ組み合いして…

萬葉集における助動詞「り」の接続例〜国歌大観No.1150~1200

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/03/18/141454⇒ 《1178》短歌〈

萬葉集における助動詞「り」の接続例〜国歌大観No.1051~1150

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/03/13/163617⇒ 《1063》短歌(反歌)〈田辺史福麻呂〉 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 有通 難波乃宮者 海近見 漁童女等之 [乗]船所見 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー あり通ガヨふ 難波…

猫のペンペンが死んだ

午前10:30、猫のペンペンの死を確認した。2年前、2018年3月21日に小夏が産んだ子。4匹産まれた中で一匹は死産だったので生きて産まれたのは3匹。全雉のヒャッキーと黒白のペンペンと雉白のコッコ、全部雄だった。 昨年9月4日にヒャッキーがおそらくは腎臓疾…

萬葉集における助動詞「り」の接続例〜国歌大観No.951~1050

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/03/12/164548⇒ 《996》短歌〈海犬養宿禰岡麻呂〉 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 御民吾 [生有]験在 天地之 栄時尓 相楽念者 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 御民ミタミ我ワレ [生ける]しる…

萬葉集における助動詞「り」の接続例〜国歌大観No.901~950

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/03/12/081526⇒ 《904》長歌〈山上臣憶良〉 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 世人之 貴慕 七種之 宝毛我波 何為 和我中能 産礼出有 白玉之 吾子古日者 明星之 開朝者 敷多倍之 登許能辺佐良受 [立礼]杼…

萬葉集における助動詞「り」の接続例〜国歌大観No.801~900

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/02/25/030509⇒ 《846》短歌〈小野氏淡理〉 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 可須美多都 那我岐波流卑乎 [可謝勢例]杼 伊野那都可子岐 烏梅能波那可毛 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 霞立…

打消の助動詞「ず」の未然形について

【古語辞典】★未然形の「ず」を認めるもの(18)△明解古語辞典・初版(金田一春彦、1953年4月、三省堂) △旺文社古語辞典・初版(旺文社編集部、1960年2月、旺文社) △新選古語辞典・初版(中田祝夫、1963年4月、小学館) △学研古語辞典(吉沢典男、1968年9…

知恵袋の回答 2020/3/10

しとみ【蔀】格子の裏に板を張った戸。とくに上下ニ枚からなり、下一枚は固定させ、上一枚は金物で押し上げて、採光・通風の便をはかったものを半蔀(はじとみ)という。寝殿造りに用いられ、現在の窓の役割に近い。また上下に分けないもの、立蔀(たてじと…