しこしこ書くブログ

特にテーマは決めずに書きます

樺美智子さんの命日

今日6月15日は樺美智子さんの命日。 もう樺美智子さんの名を記憶している人も少数しか居ないだろうが。 ふと樺美智子さんのWikipedia https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%BA%E7%BE%8E%E6%99%BA%E5%AD%90 を読んでみて、「え?」と思った。 樺美智子さん…

形容詞本活用の未然形について

形容詞本活用の未然形については①未然形を認めない ②接続助詞「は」が下接する場合に限り未然形を認めるの二つの考え方があります。 例えば伊勢物語82段のおしなべて峯もたひらになりななむ 山の端なくは月も入らじをという歌の「なくは」は、古くは「なくば…

知恵袋の回答(2021.6.8)

【用例】《未然形接続》 ★春日野の若紫のすり衣 しのぶのみだれかぎり[知ら]〘れ〙ず 〈伊勢物語1段〉 ★男はた[寝]〘られ〙ざりけれは 〈伊勢物語69段〉 ★これに物脱ぎて[取ら]〘せ〙ざらむ者は座 より立ちね 〈大和物語146段〉 ★われ負けて人を[喜ば…

金井直の詩(高島ツネに捧げた二編)

金井直の年譜の昭和19年には《夏から叔父の事務所に勤務する。ボードレールなどを読む。同僚の高島ツネを愛するようになる。ツネは、ぼくより五才年上だった。ツネの影響で、樋口一葉を読み、クラシック音楽にも興味をもつようになる。》とある。 そして、昭…

終りのない始まり

北村太郎の年譜には「1952年8月、妻子、川崎の海で奇禍により死亡」とある。進駐軍のジープに撥ねられたと書かれたものを読んだような記憶もある。 ★終りのない始まりぼくらはやがて冷たい闇に沈むだろう さよなら、あまりに短いぼくらの夏の強い光りよ! ボ…

これが好き

これが好き。https://youtu.be/SwVNMZjobSw

これが好き

これが好き。https://youtu.be/b3ynuqDMB6g

伊勢物語24段の岩波古典大系の翻刻ミス

原文(学習院大学蔵伝定家筆本)岩波日本古典文学大系岩波新日本古典文学大系三省堂新明解古典シリーズ(旧大系から引用)

雉子がいなくなった(T_T)

猫の雉子(2018年4月12日生まれ、3歳、♀、雉白)がいなくなった。 先週土曜日22日の夜にちょっと帰って来て子猫たちを舐めてやったあと何も食べずにすぐ出て行って、それきり帰らない。理由ははっきりしている。チャコに虐められるからだ。チャコが何故雉子…

イオンモール

5月28日開店のはずだったイオンモールが6月8日に開店延長だとか。次の生活保護支給日の6月4日からイオンモールのATMを利用するつもりでいたけど、来月はまだオートレース場のATMを使わざるを得ないか。一応9日頃に行ってみて、自転車置場やATMの場所を確認し…

えっ⁉️えっ⁉️

急にスマホの電池がどんどん減って来て0%にまでなって、何だ⁉️何だ⁉️と思って焦ったけど、ケーブルを取り替えてみたら直ったので一安心(=^・^=)

濱田滋郎氏の訃報

今日の東京新聞夕刊で濱田滋郎氏の逝去を知った。元「中南米音楽」編集長の高場将美氏も2017年に亡くなっている模様。http://latina.co.jp/?main_page=wordpress&p=10516フォルクローレ関係の記事がネットには本当に少ない。私も残された人生は多くはないと…

知恵袋の回答(2021.5.7)

知恵袋の回答欄では字数オーバーになってしまったのでこちらで。真福寺本の複製本も出ているようです。https://www.amazon.co.jp/-/en/dp/B000J8RSP8/ref=mp_s_a_1_1?adgrpid=106182856260&dchild=1&gclid=Cj0KCQjwp86EBhD7ARIsAFkgakiM_VyVJXJcut4YUk-5y_jW…

活用型別行別の主な古語動詞

四段活用★カ行 ありく(歩く)、かく(掻く)、しく(敷く)、たたく(叩く)、なげく(嘆く)、ふく(吹く)、まく(蒔く)、ゆらく(揺らく)、をめく(喚く)★ガ行 いそぐ(急ぐ)、こぐ(漕ぐ)、しのぐ(凌ぐ)、つなぐ(繋ぐ)、なぐ(薙ぐ)、はぐ(…

伊勢物語63段本文と奈良絵本

奈良絵本(鉄心斎文庫所蔵伊勢物語図録・第二十集より) 《本文》(武田本系長谷章久博士旧蔵伝飛鳥井雅親筆本より)むかし世心つける女いかて心なさけあらむおとこ にあひえてしかなとおもへといひいてむもたより なさにまことならぬゆめかたりをす子三人を…

知恵袋の回答(2021.4.23)

茨木のり子詩集「寸志」より ★道しるべ ━━黒田三郎氏に━━昨日できたことが 今日はもうできない あなたの書いた詩の二行わたしはまだ昨日できたことが 今日も同じようにできている けれどいつか通りすぎるでしょう その地点をたちどまりきっと思い出すでしょ…

知恵袋の回答(2021.4.23)

「生きている日本の方言」(佐藤亮一、2001年、新日本出版社)にはこんな記述がありました。 『日本言語地図』(1966年、国立国語研究所)の「塩辛い」の図では、東日本の大部分がショッパイ、西日本はおよそカライであって、東西対立分布の一典型である。そ…

知恵袋の回答(2021.4.11)

「最新詳解古語辞典」(佐藤定義、1991年、明治書院)ではこう書かれています。【まじ】 未然形:[本]○ [補]まじから連用形:[本]まじく、まじう [補]まじかり終止形:[本]まじ [補]○連体形:[本]まじき、まじい [補]まじかる、まじかん已然…

知恵袋への回答 2021.4.2

「日本文法事典」(北原保雄・鈴木丹士郎・武田孝・増淵恒吉・山口佳紀編、1981年、有精堂)より《間投助詞》 文節の終わりについて、語勢を強めたり、感動を表したりする。 文語では「や・よ・を」、口語では「ね・さ」などが、これに含まれる。学説によっ…

知恵袋の回答(2021.3.28)

「日本文法事典」(北原保雄・鈴木丹士郎・武田孝・増淵恒吉・山口佳紀編、1981年、有精堂)の「文法学説」の項より。【解説】《橋本文法》 橋本進吉の文法学説は、言語の形式面を重視するという特徴がある。形式文法あるいは形式主義の文法などと言われるこ…

打消の助動詞「ず」の本活用の未然形「ず」「な」を認めるか否か

♦打消の助動詞「ず」の本活用の未然形「ず」「な」を認めるか否かを古語辞典で検証する 「ず」未然形は「○」とする ★時代別国語大辞典上代編(上代語辞典編修委員会、1967年、三省堂) ★旺文社古語辞典/改訂新版(守随憲治・今泉忠義・松村明、1969年11月、…

文語文法の形容詞本活用未然形を古語辞典・古典文法書ではどう表示しているか

♦文語文法の形容詞本活用未然形を古語辞典・古典文法書ではどう表示しているか (上代限定の未然形「け」は除く) 古語辞典「○」とする ★基本古語辞典/初版(小西甚一、1966年、大修館書店) ※改訂版(1969年)・(1974年)も同じ。 ★時代別国語大辞典上代…

伊勢物語第6段の翻字

【伊勢物語第6段の翻字】 ★宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本([鈴木知太郎著「校註伊勢物語」、1961年、笠間書院]による)……天福本系むかしおとこありけり女のえうま しかりけるをとしをへてよはひわ たりけるをからうしてぬすみいてゝ いとくらきにきけりあく…

母の命日

今日、2月26日は母の命日。 2004年に逝ったので今年で17年になる。福島県双葉町の出身だけれど、震災は知らずに逝った。晩年は認知症が酷かったから、生きていたとしても震災とは判らなかっただろうな。

駅伝に思う

箱根駅伝からは少し日日が経ってしまったが、駅伝について日頃思っていることを。もう何十年か前のことだが、箱根駅伝の6区の山下りで脚を痛めて、小田原の中継点近くで遂に歩くこともできなくなり、襷を握って這って行って次の走者に襷を渡したランナーが…

サヘル・ローズさんの記事について

東京新聞1月12日付夕刊に「クロスロード 人生のとき」という良い記事が載っている。この記事は東京新聞のウェブサイトには無く、13日付の毎日新聞にも同じ記事が載ったようで、毎日新聞のウェブサイトにはあるが、有料記事のため有料登録しないと一部しか読…

知恵袋の回答/2020.12.10

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14235279144?fr=and_other土左日記の「講師」の歴史的仮名遣い(字音仮名遣い)が「かうじ」か「こうじ」かについて。 ★「かうじ」とする辞書△角川新版古語辞典(久松潜一・佐藤謙三編、1973年、…

猫のコッコが死んだ。

猫のコッコ(雉白、♂、2歳8ヶ月余)が死んだ。何か元気が無いなと思ったのが二週間くらい前。それから4,5日した頃、左眼が異常に大きくなっているのに気づいて、調べて緑内障と判った。おそらく緑内障で左眼の視力は無くなっているのだろうけど、右眼は正常…

機種変

今日、5年ぶりに機種変した。 しばらくは使い辛いかも。

このエッセイは良かった

今日の夕刊に載っていた「新聞配達に関するエッセイコンテスト」の最優秀賞の「祖父の手帳」という大塚遥香さんという人のエッセイがとてもいい。 胸に来るね。https://www.pressnet.or.jp/about/recruitment/essay/works_2020.html#daigakuhighest