つらつら思うこと

特にテーマは決めずに書きます

萬葉集における助動詞「り」の接続例〜国歌大観No.801~900

https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/02/25/030509



《846》短歌〈小野氏淡理〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
可須美多都 那我岐波流卑乎 [可謝勢例]杼 伊野那都可子岐 烏梅能波那可毛
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
霞立つ 長き春日ハルヒを [かざせれ]ど いやなうかしき 梅の花かも
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★かざせ:四段・命令形
 れ:已然形
[可謝勢例]杼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


《849》短歌〈大伴宿禰旅人 or 山上臣憶良〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
能許利多流 由棄仁[末自例留] 宇梅能半奈 半也久奈知利曾 由吉波気奴等勿
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
残りたる 雪に[交じれる] 梅の花 早くな散りそ 雪は消ケぬとも
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★交じれ:四段・命令形
 る:連体形
由棄仁[末自例留]宇梅能半奈
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


《850》短歌〈大伴宿禰旅人 or 山上臣憶良〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
由吉能伊呂遠 有婆比弖[佐家流] 有米能波奈 伊麻佐加利奈利 弥牟必登母我聞
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
雪の色を 奪ひて[咲ける] 梅の花 今盛りなり 見む人もがも
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★咲け:四段・命令形
 る:連体形
有婆比弖[佐家流]有米能波奈
※「家」は甲類
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


《851》短歌〈大伴宿禰旅人 or 山上臣憶良〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
和我夜度尓 左加里尓[散家留] 宇梅能波奈 知流倍久奈里奴 美牟必登聞我母
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
我ワがやどに 盛りに[咲ける] 梅の花 散るべくなりぬ 見む人もがも
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★咲け:四段・命令形
 る:連体形
左加里尓[散家留]宇梅能波奈
※「家」は甲類
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


《855》短歌〈大伴宿禰旅人 or 山上臣憶良〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
麻都良河波 可波能世比可利 阿由都流等 [多々勢流]伊毛河 毛能須蘇奴例奴
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
松浦川マツラガハ 川の瀬光り 鮎釣ると [立たせる]妹が 裳の裾濡れぬ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★立た:四段・未然形
 せ:(四段型活用の尊敬の助動詞「す」)命令形
 る:連体形
[多々勢流]伊毛河
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


《856》短歌〈大伴宿禰旅人 or 山上臣憶良〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
麻都良奈流 多麻之麻河波尓 阿由都流等 [多々世流]古良何 伊弊遅斯良受毛
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
松浦なる 玉島川に 鮎釣ると [立たせる]児らが 家道イヘヂ知らずも
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★立た:四段・未然形
 せ:(四段型活用の尊敬の助動詞「す」)命令形
 る:連体形
[多々世流]古良何
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


《866》短歌〈吉田連宜〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
波漏々々尓 於忘方由流可母 志良久毛能 知弊仁[辺多天留] 都久紫能君仁波
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はろはろに 思ほゆるかも 白雲の 千重に[隔てる] 筑紫の国は
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★隔て:四段・命令形
 る:連体形
知弊仁[辺多天留]都久紫能君仁波
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


《869》短歌〈山上臣憶良〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
多良志比売 可美能美許等能 奈都良須等 美多々志[世利]斯 伊志遠多礼美吉
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
足日女タラシヒメ 神の命ミコトの 魚ナ釣らすと み立たし[せり]し 石を誰見き
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★せ:サ変・命令形
 り:連用形
美多々志[世利]斯 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


《870》短歌〈山上臣憶良〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毛々可斯母 由加奴麻都良遅 家布由伎弖 阿須波吉奈武遠 奈尓可[佐夜礼留]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
百日モモカしも 行かぬ松浦道マツラヂ 今日行きて 明日は来キなむを 何か[障サヤれる]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★障サヤれ:四段・命令形
 る:連体形
奈尓可[佐夜礼留]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


https://nobinyanmikeko.hatenadiary.jp/entry/2020/03/12/164548