しこしこ書くブログ

特にテーマは決めずに書きます

伊勢物語63段本文と奈良絵本

奈良絵本(鉄心斎文庫所蔵伊勢物語図録・第二十集より)

f:id:nobinyanmikeko:20210427212725j:plain


《本文》(武田本系長谷章久博士旧蔵伝飛鳥井雅親筆本より)

むかし世心つける女いかて心なさけあらむおとこ
にあひえてしかなとおもへといひいてむもたより
なさにまことならぬゆめかたりをす子三人をよひて
かたりけりふたりのこはなさけなくいらへてやみ
ぬさふらうなりける子なむよき御おとこそ
いてこむとあはするにこの女けしきいとよし
こと人はいとなさけなしいかてこの在五中将
にあはせてしかなとおもふ心ありかりしあ
りきけるにいきあひて道にてむまのくち
をとりてかう/\なむ思ふといひけれはあはれ
かりてきてねにけりさてのちおとこ見えさり
けれは女おとこのいゑにいきてかいまみける
ををとこほのかにみて
  もゝとせにひとゝせたらぬつくもかみ
  われをこふらしおもかけにみゆ
とていてたつけしきをみてむはらからたちに
かゝりていゑにきてうちふせりおとこかの女の
せしやうにしのひてたてりてみれは女なけきてぬとて
  狭席に衣片敷今夜もや
  恋しき人にあはてのみねむ
とよみけるをゝとこあはれと思ひてそのよは
ねにけり世中のれいとしておもふをはおもひ
おもはぬをはおもはぬものをこの人はおもふをも
おもはぬをもけちめ見せぬこゝろなむ有ける

《訳》(大庭みな子、『わたしの古典3伊勢物語』〈1986年、集英社〉より)

 むかし、色の道を忘れられない年老いた女が、どうにかして心なさけのある男にめぐり逢ってみたいものだと、まさか口に出してはっきりとは言えずに、ほんとうのことのようではなく、夢に見た話のようにして、三人の息子を呼んで心のうちを語った。
 年上の二人の息子たちは情けもない答え方で、相手にしないさまだったが、末の息子は、「そういう殿御がそのうちあらわれますよ」と夢占いをしてやったので、母親は嬉しく思った。つまらない男ではしかたない、在五中将(業平)ならよかろうと三番目の息子は考え、狩りをしている中将をつかまえて、道で馬をとめ、「こういうわけですから」と事の次第を話すと、中将はあわれがって、女を訪れてやった。
 さて、その後は男の訪れもないので、女は男の家のそばに行って、うかがっていた。それを男はかいま見て、
  ももとせ(百年)にひととせ(一年)たらぬつくも髪
  我を恋ふらし面影に見ゆ
    【百年に
     一年足らぬ
     老いの髪
     我を恋うかや
     面影かなし】
 と詠み、出かける様子だった。女は茨やからたちにかきむしられ、大急ぎで家に帰って打ち伏していた。男は女がしていたように、自分もこっそり様子をうかがっていると、女は嘆き悲しんで、
  さむしろに衣かたしきこよひもや
  恋しき人にあはでのみ寝む
    【恋しき人を
     面影に
     せまきむしろに
     独り寝の
     老いのこの身を
     嘆きつつ】
 と詠むのを聞き、男はあわれに思い、その夜は女のところに泊まってやった。男と女の仲は、恋う人を恋い、恋わぬ人は恋わぬものなのに、恋うているわけでもない人を同じように扱うのはなかなかのやり方だ。

〖鑑賞〗つくも髪の女の滑稽な哀感は、人生そのもののさまであろう。